カテゴリ:ski( 92 )
スキーのテクニックについて思うことと警笛


今年もナスターレースの国内の三大大会は終了して、10名のウィスラーカップ選抜チームが編成されまました。

おめでとう!

出発は411日。

U16はスーパーGGSSL

U14はパラレルとGSSL

過去に選抜されたことのある子もいれば、初めての子も。

各国チームと一緒に食事をしたり、パレードに参加したりと、彼ら彼女らのいい経験になると思っています。

どうしても書いておかないといけないと思ったことを書きます。
<長くなるけどごめんなさい>


先日スキー技術選手権大会が開催されました。

僕は観に行っていないのですが、北海道に会場を移して盛況だったようです。

そこでみんなが滑っているテクニックについて、ちょっとおかしいと思いました。
抱え込み?のような動きばかり。

もちろん技術選がFISとかワールドカップとかのアルペンレースとは全くの別物だということが前提にありますし、内足加重と言っていた時期もあったりして、全くの別のスポーツだとわかっていて、こちらは気にしなければいいのでしょうが、それでも地方のコーチたちが少なからず影響を受けてしまうこともあり、さらに最近の滑り方(テクニック)はあまりにも方向性が違うと思ったので、書かせてもらいます。

強く感じたのは、先日白馬八方尾根でHEAD x VOLVOのイベントがあり、技術選上位にいた若手スキーヤーと一緒に滑って、技術選の滑りをしてもらい、真後ろで良く観察しました。

彼女は元アルペン選手なので、普通の上下動のある滑りもできる上で、

スキーの本来持っている基本的な動きを排除して、上下動なく、抱え込み(もどき)でターンが終わったらしゃがむ動作をしています。

本人もおかしいと思いつつも、こうしないと点数が出ないとのこと。

いくらスキーがカービングスキーになったからといって、僕は車がオートマになっただけで、基本的なことは変わっていないと思っています。
上下動は必要だし、スキーをたわませることも必要だと思います。ストックをつくことや、リズムを作るために先行動作を少し加えることなど。

まぁ技術選の人たちは何か考えがあってやっているのかもしれないし、僕は批判するべき立場でもないので、僕の立場としては、アルペンスキー選手を目指すジュニアとそのコーチ・保護者が間違った方向に行かないよう、アルペンスキーのテクニックとして、何をどう考えるべきかを書いておきたいと思います。

そうしないと、万が一アルペンスキー選手を目指す子供達が、間違った技術を教わり、それを一生懸命練習しても、本当に違う山を登っていることになってしまいます。

ここから先はシンプルに書きたいと思います。

1) 上下動の重要性
数年前に上下動という言葉を使うなと、とある先輩から怒られ、喧嘩になったことがありますが、今なぜ上下動をさせないのか。
ターンが終わったら立ち上がり、高いポジションに行くということを、なぜ子供達にさせないのか。とても不満です。
改めて書くと、
ターン時「下」であり、体は小さくなっている状態
ターンとターンの間「上」であり、立ち上がって体がまっすぐに伸びた状態
上下動をターンと一緒にしていかないと、スキーはたわんだり戻ったりしません。滑っている本人が小さい動きだと、スキーも小さくしかたわまないので、小さい弧は描けません。



※よく聞くのが「頭を動かさない」という教え方。絶対にダメです!!!
多分トップ選手の頭があまり上下に動いていないというところから、来ているテクニックかと思いますが、それは結果論です。
子供達に教えることではないです。
そもそも、トップ選手たちは上下動をしていないわけではなく、上下動をしていて、たくさんの力が上下に動いている中で、左右に(内傾外傾)大きく動くから、結果、頭が動いてないように見えるのです。
真似るべきところは上下に動くところであり、頭の位置ではないのです。
ユースの頃に上下動をし続け、動きが体に染み込んで、初めて効率よく最小限の動きで最大の力を引き出せるようになるのですが、ユースの時代から動かなかったら、ずっと力を生み出すことを学ばずに大きくなることになります。
頭の位置の事を教える、しかも動かすなと教えるコーチは世界中日本だけかと

f0053060_1817666.jpg

※これもよく聞くこと「山側に立ち上がってはいけない」
そもそも気にすべきことが違うかと
もしこのためだけに立ち上がらないのだとしたら、そもそも速く滑ることを諦めていることだと思います。
単純に、立ち上がる動作をした上で、その動き方を変えればいいと思います。
特に、ターン終了時に外傾の姿勢から、くの字姿勢を維持したまま思い切り立ち上がれば、谷側に立ち上がる意識をしなくても、体は自然と谷川に立ち上がります。
海外のコーチは必ずターンが終わったら立ち上がるように教えます
日本の選手たちも、もっとちゃんと立ち上がって欲しい。中腰から中腰に動いても、力を生み出せません。
f0053060_18204230.jpg

2) 力を生み出すこと、スキーを踏むという日本語
よく聞きますよね。スキーを踏め!とか。
スキー踏んでもたわまないと思うのは僕だけでしょうか? 
そもそもそれを言っているコーチは踏んで滑るのでしょうか?
日本語の解釈の違い???
体重を乗せる!であればわかる。
トランポリンの選手が、高く飛ぶために床を踏む?感覚というより、体重を乗せて、床が戻るときに一緒に立ち上がるからこそ、高く飛べるのだと思います。
静止状態から踏んでも何も起きないと思います。
運動によって力が生まれるので、トランポリンの上でただ立っている状態から踏んでも何も起きませんよね?
1旗門目はスピードもなく力も生まれないのでスキーがたわまない。踏んだところでたわまないわけです。
2−3、3−4旗門と進むにつれて、トランポリンと一緒でたわみが徐々に大きくなり、それを解放することでスキーは走るし、ターンのときにたわませることで、より小さな弧を描け、小さな弧がより大きな力を生むのです。

f0053060_208433.jpg

f0053060_2071859.jpg

3) 抱え込みの動作
技術選で乱発している抱え込みの動き。
くれぐれも知って欲しいのは、抱え込む動きは、本来は次のポールまでの時間がなさすぎるときのオプションテクニックであり、基本技術ではないのです。それもスキーがたわんだ反動を吸収するためでの抱え込みであり、反動がない状態で抱え込む動作をすることは、ただの「しゃがみこみ」です。
姿勢を更に低くするだけで、アルペンスキーのテクニックとしては何のメリットもありませんので、くれぐれもアルペンレーサーは技術選の滑りを真似しないようにして欲しいと思います。

f0053060_115515100.jpg

ユースの教え方、アルペンスキーの技術論が海外と違うのも、言葉の壁による情報の少なさだったりするのだろうけど、日本のジュニア・ユースの選手層の厚さ、選手数の多さはヨーロッパにも対抗できるはずです。
なのに、皆のやろうとしているテクニックの方向性が違っていれば、みんな世界のトップを狙えませんよね?

そこにきて技術選のテクニックが「絶対に真似してはいけない」テクニックを良しとしているので、アルペンレーサーはぜひ正しい方向の練習をすることで世界を目指して欲しいと思っています。

いつもこういうことを書いてお叱りを受けたりしますが、子供達が一生懸命トレーニングしてワールドカップの世界を目指しているのだから、正しく導く義務が僕らにはあると思っています。
間違ったテクニックを大人の都合で広めて、正当化してはいけないと思います。

f0053060_1434308.jpg

ご意見ある方はぜひ書き込んでください。

by gakuhirasawa | 2017-03-31 15:49 | ski
志賀高原トリップ
年末年始に娘を連れて久しぶりに北志賀よませスキー場と、1日だけ横手山と熊の湯にいってきました。

小学生の頃よく滑ってた横手山は20年ぶり?
久しぶりでとても楽しかったけど、雪は少なかったですね〜
でも、改めて地元志賀高原の良さを実感してきましたよ。

f0053060_09553685.jpeg
久しぶりに先輩達とも会えたし。
よく竹節一夫さんと山本さち子さんと、熊の湯のナイターで練習してました。小学生のころ。
あの頃は毎日滑ってた気がする。
そして同じ顔ぶれが地元にいるって、なんか良いですね
f0053060_09505437.jpeg
さて、書きたかったのは、地元でたまたま見た練習風景。

うーん
スキーって「型」のスポーツなのかな?って思います。
もっと、どういう力が発生する、もしくは発生させたいから、こういう動きをする。という事を考えた方が良いと思うんですけど。

基礎スキーも競技スキーも同じですが、形を真似しても本質が伴ってない気がします。

ワールドカップとかの映像で、トップ選手の頭が上下に動いている様に見えないから、頭を上下に動かさない様に滑る事、要するに上下動をしない指導するコーチがたまにいます。
でも、僕ははっきり言って間違ってると思います。

トップの選手たちの頭が上下に動いていない様にみえるのは「結果」であり、十分な運動をしている上で結果として頭が上下している様にみえてないのですが、ただ頭を動かさない滑りをすると、上下動がなくなり、スキーはたわまなくなり、結果としてターン弧が大きくなり、タイムがでないという悪循環を引き起こします。

何を大事にするかが大事なんだと思います。

本質を見極める力がコーチには必要ですね。

f0053060_09500671.jpeg
それにしても志賀高原はやっぱり美しい場所ですね

f0053060_09522883.jpeg


by gakuhirasawa | 2016-01-08 09:26 | ski
セミナーやります
セミナー開催します。
ナスターレース協会の主催です。
今年は、東京会場のみですが、僕のトレーナーだった石毛先生を講師で呼んでいます。

石毛先生は現在、国立スポーツ科学センター・スポーツ科学研究部にいます。
当時からいろいろな研究を『僕らの体を使って』研究(笑)してきたわけですが、今はもっと進んでいます。

この前、久しぶりにお会いしたのですが、膝の靭帯損傷をしやすい選手、しにくい選手の判断ができるようになってきて、確率がかなり上がってきているとのこと。
であれば、予防もできるわけです。

僕は一度も靭帯損傷していない、ちょっとレアな選手ですが、これにも多分身体的、筋力的な理由があったのだと思う。

そんな話を直接聞けて、なおQ&Aの時間もあります。

スキー選手たちにはもちろん、他の競技の選手が聞いても面白いかもしれません。
選手本人もそうですが、できれば父兄や子供たちのコーチたちにも聞いてもらいたいです。
みなさん、勉強しましょう!!!
情報を得ずに、無知のままの指導者でいるのは、教わる子供たちにマイナスですよ。


by gakuhirasawa | 2015-06-27 00:05 | ski
ウィスラーカップ終了!
ウィスラーカップが無事に終了しました。
f0053060_9192756.jpg


世界26カ国からU14とU16のトップレーサーが集結する大会。

日本からも選抜チームを連れて行きました。
f0053060_9191380.jpg


結果は、例年になく良かったと思います。
特に良かったのは、U16でも世界に通用したということ。
f0053060_919147.jpg


長谷部選手、片桐選手、大越選手などがU16でも世界に通用することを証明してくれました。
f0053060_9183186.jpg

f0053060_91899.jpg


例年通り、U14では国別優勝。U14も頑張りました!

でもまだまだこれから。
f0053060_918079.jpg


ウィスラーカップに来たことのあるW杯選手(メダリスト)は多く、登竜門なのです。
ということはチャンスがあるので、これからも頑張って欲しい!

f0053060_925404.jpg

by gakuhirasawa | 2015-04-10 09:26 | ski
アメリカの強さの裏側にあるもの
今はアメリカ東海岸のバーモント州、シュガーブッシュリゾートに来ています。

とある事情でスキーアカデミーの視察です。
ここはGMVS(Green Mountain Valley School)というスキーアカデミー(高校)です。
f0053060_12590085.jpg

僕の母校のStratton Mountain School(ストラットんマウンテンスクール)のライバル校です。
ストラットンもそうですが、ここの高校の特徴は、なんといって一流のトレーニングと勉強の『文武両道』
実際それを実践しているスキーの強い高校が、日本にはいくつあるのでしょうか?

設備を見てみると、本当によだれが出てくるようです。
トレーニング施設
ウエイトルームからスピニングルーム、体育館。
f0053060_12004332.jpg
f0053060_11492415.jpg
f0053060_11391515.jpg
リハビリ用のプールも。PTもトレーナーも常駐。
f0053060_13015625.jpg

選手が自分で板の手入れをするチューンナップルーム
18人が同時にチューニングでき、体に有害な鉄粉やワックスの粉などは各テーブルが吸い込む仕組み。※正直このアイディアはすごいです。
f0053060_11485984.jpg
サービスマンのいるチューニングルーム
ストラクチャー入れからブーツのチューニングまで全てに対応(元スキー・ブーツメーカーの人間が常駐)
※1つの高校がここまでやるとは・・・
f0053060_11394897.jpg
もちろん授業もちゃんと行われます。
高校のカリキュラムは全て単位制で、どれだけスキーが強くても、ちゃんと単位を『勉強して、自分の力で』獲得します。
日本の一部の学校のように、行かなくても卒業できてしまうシステムではありません。
全ては子供たち本人のために、ちゃんと文武両道できる環境を作るのがアメリカなのです。
ハーバードに受かる生徒ももちろんいます。

f0053060_12551533.jpg
スキー場にも学校の力が及んでいます。
トレーニングコースには独自の降雪機が。
コースもメインばーんと右側のうねったバーン、両方使え、Tバーで効率良くトレーニングができ、上から使えばスーパー Gの練習もできます。
f0053060_12105881.jpg
f0053060_12314251.jpg
f0053060_12544881.jpg
そして、オーストリアにも学校の施設があり、気軽にヨーロッパ遠征にいける体制があります。

あ、そうそう食事もちゃんと考えられている食事内容です。
f0053060_13013587.jpg
日本もプロを育てないといけないと思います。
設備があれば・・・とか聞きますが、ここの学校も誰かが勝手に作ったわけではなく、理念に基づき動いた人にサポートする人が出てきて、ここまで来ているわけです。

今の日本は本当の『選手』を育てようとしている高校がどれぐらいあるのでしょうか?
高校の都合で選手達に『レースばかりのハイシーズン』のスケジュールを押し付けていませんか?
ちゃんとトレーニングする時間、環境、勉強する時間と環境、というものを与えられているのでしょうか?
日本のスキーをしている高校生に冬の生活を聞くと、勉強もトレーニングもほとんどせずに、レースばかりの日程だと伝わってきます。

アメリカの高校生も日本の高校生も、持っている時間は同じはず。

日本のコーチたちは、本当にその選手たちをスキーだけではなく、人間として育てようとしているのでしょうか?

ここはやはり今の大人がしっかりと選手達の将来を考えて、スキーと勉強の両立を図らないと、多分このスキー界には優秀な人材は現れず、スキー業界自体が一向に良くならないのではないか、一生アメリカには追いつけないのではないか、と思ってしまいますね。

本音は、あぁ、僕の高校時代にこの施設あったら良かったのに・・・と思っちゃうぐらいの施設でした。

余談ですが、僕の大好きなアイスクリームの本社工場がすぐ近くにあります。
食べたい・・・

f0053060_12435970.jpg

by gakuhirasawa | 2015-03-17 13:09 | ski
ナスターレースジャパンカップ終了!
ナスターレースジャパンカップ終了しました!
お手伝いいただいたスタッフの皆様、ご協力いただいたスポンサーの皆様、ゲストスキーヤーの木村さん、理事長三浦豪太さん、お疲れさまでした!
f0053060_1705928.jpg


もちろん、参加された選手全員と、保護者、コーチの皆様もお疲れさまでした。

これで主催3大会からのウィスラーカップ派遣選手が全員決まりました!!!
NPO法人ナスターレース協会としては、選手たちに今しかできない経験を積んでほしいと思っています。
スキーを通じて世界に出る、それがスポーツとしてスキーに打ち込む醍醐味だと思っています。
f0053060_1711741.jpg


そんなお手伝いをナスターレース協会としても続けていきます。

f0053060_17122327.jpg
この子たちはどんな経験をウィスラーカップでできるかな〜楽しみ。
by gakuhirasawa | 2015-03-08 17:02 | ski
セミナー動画公開します
6月、7月とナスターレース協会として開催したテクニカルセミナー・メンタルトレーニングセミナーの動画を公開する事にしました。
長年ウィスラーカップにU14とU16を連れて行くたびに感じていたことを整理してみました。
日本の選手たちは上手いのに海外の選手たちに勝てない理由は、基本的な考え方の違いにあるのではないかと思います。
こまかい技術ではないのです。

それに、基本的にアルペンレースはそんなに複雑怪奇なテクニックではないのです。
シンプルで、物理学に基づいています。

一生懸命アルペンスキーに取り組んでいる子供たち、親御さんたちが、他の国のワールドカップを目指しているアルペンレーサーたちと同じ山を登るようになってほしいと思っています。

アルペンレースと日本の基礎スキーは全くの別物だという事も、しっかりの認識してほしいと思います。

1時間のセミナーをまるまるアップしていますので、時間のあるときに観てください。
テクニカルセミナー編


選手には取っても重要、だけどあまり皆さん取り組まない
メンタルトレーニング編


JSPORTSでもおなじみの吉田アナウンサーによる
メディアトレーニング編

by gakuhirasawa | 2014-08-01 17:31 | ski
とってもとっても基本な事
セミナーでも話をしましたが、とってもとっても基本な事をあえて書きたいと思います。

速くすべるためにはターン弧を小さくする

ターン弧を小さくするためには上下動でスキーをたわませる

ということを書きました。

上下動というのはどういうことか、というところに行く前に、基本姿勢について

僕の考える基本姿勢は、下の絵のグッド君みたいな高い姿勢です。
比較的多くの人が、基本姿勢を取ってください、というと、バッド君のような姿勢になります。

f0053060_18145492.jpg


なんでグッド君の方が良いのか?

それは、『動く幅が変わる』からです。
バッド君の姿勢から、小さくなって、また戻ってきても、たいした上下動ではありません。

グッド君の姿勢から上下動して戻ってくると、大きな動きの幅になります。
動きの幅が大きければ、より大きくスキーはたわむのです。

物理学ですね。

f0053060_1817666.jpg
f0053060_18165219.jpg


ただの上下動ではありません、スキーを『たわませる』ための上下動です。

ターンのシーンとして書くと、下の絵のようになります。

f0053060_18204230.jpg


この動きが『基本的な動き』です。

けっこう皆立ち上がるの嫌がるんですよね。
なんででしょう???

立ち上がらずに、どうやってすきーをたわませるのでしょうか?
もちろん遠心力等、若干は発生します。

以前も書きましたが、この話は『ワールドカップ』という山を登るためのテクニックであり、基礎スキーや技術選を目指すのであれば、別の世界の話ですので、僕の書いていることは気にしなくていいです。

人よりも1秒でも速くすべるため、の基本テクニックです。

子供たちから聞きました。
コーチからは、『頭の位置が上下に動かないように』と言われていますと。

ごめんなさい、教える順序が違います。
子供たちはそんなに器用ではないし、ワールドカップ選手たちのテクニックが『結果として』頭を(上下に)動かしていない動きになっていますが、それをまねた上で、自分のスキーをワールドカップ選手並みにたわませることはできません!!!
まねるべきところが違うと思います。

U16、FISのレベルまでは、思いっきり上下に動くべきです。
ターンは動きの中で行うものだと、体で感じ、それを繰り返すことで、下意識にその動きをしみこませ、そうすると初めて”考えなくても”上下動の動きの物理的な力の作用を作り出すことができます。

そう思いませんか?
頭動かさず、トランポリンは深く下まで行けませんよね? 考えれば当たり前の世界だと思うのですが、そんな話を聞いたので、申し訳ありませんが、子供たちのためにもはっきりと否定しておきます。


そんなこんなで、次の仙台セミナー近づいてきました。

自分の仕事多すぎてセミナーに頭を振り向けられていませんが・・・
またUSTREAMで配信しますね。
by gakuhirasawa | 2013-06-19 18:30 | ski
セミナー開催しました
第一回目のセミナーが無事に終了しました。
定員一杯で、お断りした方も多かったようです。申し訳ありません。会場が狭かったもので・・・。

開始直前5分間にUSTREAMでも流そうと思い立ち、ipadをセットしました。
でも、設置したのが後ろのほうだったので、画面がよく見えません。

録画された分がこちら

次は仙台会場から、土曜日22日13時ぐらいから、また中継します。
興味ある方は見てみてください。

f0053060_14193671.jpg


ジュニア・チルドレンのコーチのあり方について少しお話させていただきました。
COACHの語源は馬車です。

目的地に連れて行ってくれる、案内人であるべきなのです。
テクニックを教えるだけではないのです、本当は。

でも、目的地が明確でないと、どこにむけて走っているのかわからなくなります。
手前の町なのか、もっと先の『ワールドカップ』という海外の都市なのか・・・。

基本的に日本の地方で教えたりしているコーチの方々は情熱がある人たちだ、と思っています。
だって、たぶん子供たちを教えることでそんなにたくさんのお金がもらえているわけではないと思うので・・・。
日本はそういうコーチ以外にも、僕が商業コーチと呼んでしまっていますが、商売として教えている方々もいます。
どちらも悪いわけでもなんでもないのですが、誰かが”その子”を10年スパンでテクニックの向上や道のりを見てあげてほしいと思っています。
そしてコーチは日々勉強をしてほしいです。
その上で、決して目の前の勝ちではなく、将来的にどんなスキーヤーになるのか、将来的にどんな人間になるのか?それを一緒に考え、導くコーチがたくさん出てくるといいな~と思います。

スキーだけがその子の人生でもないはずです。勉強そっちのけでスキーをしろというコーチも僕は”嫌い”です。そんな無責任な馬車はごめんです。

最終的に一番身近にいるのは父兄ですね。父兄が一番長期的な視野で取り組むことで、コーチたちも長期的にコーチングができるのだと思います。

そして、一番しっかり考えなければならないのは選手本人です。
メンタルトレーニングのセッションでは、選手本人が取り組むべきメンタルトレーニングと、その過程で必要な目標設定の設定方法や重要性についてもお話しています。

f0053060_1434308.jpg


そして、一番重要なのは、がんばる選手たちみんなが、ちゃんと世界のほかの選手たちと同じ”山”を登ることです。
登っているのに、コーチのディレクションが悪くて、気がつかずに”違う山”を登っていたら、最悪の事態です。
気がついたら山が違った!!!なんてことになりかねません。
現状、かなりの子供たちがこの状態になっている事実は間違いありません。

現に海外のコーチが教えないようなことを平気で教わってきている選手たちがいるのです。
ウィスラーに連れて行ったトップの子供たちでさえ、海外のコーチが驚くことを教わってきています。
念のため書きますが、驚いているのは、”そんなおかしなことを教えるコーチがいるのか!?”という驚きです。
世界と真逆のことになってしまっている場合があります。

せめて、同じ山を登って、同じ山で勝負を仕掛けたいものです。
途中で山を移動するのはかなり難しかったりします。(ウィスラーのようなPeak2Peakみたなのがあればいいですが・・・)

動画では見えにくいセミナーですが、次回もう少しちゃんと見れるようにしますし、もっとゆっくり、大きな声で話すようにします(笑)

協力 
絵 : ブタブロのブタオさん
メディアトレーニングセミナー講師 : 吉田暁央アナウンサー
by gakuhirasawa | 2013-06-17 14:24 | ski
基本的なこと その2・・・
さて、基本的なことの続き。

前回、ターンを小さくした方がいいだろうということを書きました。
FBでターン弧が小さくなると、その分抵抗も増えるので・・・とコメントいただきましたが、確かにそのとおりですが、毎ターン、必要以上に小さくする、ということではないのと、ふり幅に応じてターン弧を変えるテクニック等は、もう少し先の話とします。
まずは基本的な話をさせていただきます。

まずはどうやってターン弧を小さくするのか、それはサイドカーブを使うのですが、サイドカーブをより大きく使うために、スキーをたわませる必要があります。

たわめばターン弧が小さくなるのか? なるのです。
f0053060_2071859.jpg


昔の人はカービング以前でも、スキーをたわませてカービングターンをしていました。

じゃあどうやってたわませるのか?

単純です。
上下動です。

動けばいいのです。

トランポリンと一緒です。
トランポリンで、高く飛ぼうと思う人が、しゃがんでいて飛べるでしょうか?

f0053060_208433.jpg


上下動の連続でスキーをたわませていくのです。

トランポリンと一緒で、いきなり深くまではたわませられません。

でも、上下動なしではたわませられません。
もちろん、遠心力等も働くでしょうが、何度も言うように、これは基礎スキーの世界ではなく、誰よりも1秒でも速く滑りたい人のためのテクニックです。

より大きく動けば、より大きくたわみ、理論的にはより小さい弧を描くことができるのです。

そう思いませんか?

単純なのです。何の魔法もありません。

ということで、また次回。

といいつつ、書くのは面倒なので、詳しいことはセミナーで話します(笑)

今週の土曜日に第一回目のセミナーが開催されます。
もし興味ある人が是非ご参加ください。
by gakuhirasawa | 2013-06-11 20:11 | ski



美味しいコーヒーの好きな元スキー選手のブログ。
by gakuhirasawa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
スキー場プロデュース
at 2017-12-07 07:40
仕事ってさ
at 2017-06-01 19:42
スキーのテクニックについて思..
at 2017-03-31 15:49
防災用としても・・・
at 2016-10-14 16:53
目指すところ・・・
at 2016-09-07 20:14
ブログパーツ
LINK
以前の記事
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism