メンタルトレーニング イメージトレーニング
さて、今日は1時間時間ができたので、久しぶりにブログでも。でも最近Facebookへの書き込みばかりになりつつあるので、何を書こうかと迷ったが、久しぶりにメンタルトレーニングものでも書きますか。

しかも丁度オリンピックも始まったばかりだし。

頑張れ日本!
オリンピックってすごくナショナリズムな感じですね。普段日本を意識しない人も日の丸応援したりして。。。よくも悪くも。

先日日本の国家予算がどれぐらいスポーツの強化に使われているか、テレビでやってましたが、50億だって。
多いのか少ないのかわからなかったら、韓国は150億。
日本の金メダルの数が減るわけだわ。

それはそうと、過去にセルフイメージや現在位置の把握、目標設定の重要性、自信の持ち方について書いてきました。

ここらで夏もできるトレーニングの一環として、イメージトレーニングを紹介しましょう。

イメージトレーニングと言っても、二つにあります。
一つは、客観イメージによるトレーニング。
もう一つは主観イメージによるトレーニング。

前者はビデオを見ているようなイメージで、主に他人の分析や、テクニックの分析に使います。
後者はいわゆるリハーサルのようなもの、自分が見ている風景をイメージします。

トップ選手が主にやるのが後者。

主観イメージをすることにより、五感を使ってのイメージを作ることができ、それが精密にできればできるほど、本当に自分が体を動かしてやっていると頭が錯覚します。

先日テレビでも体操の内村選手の特集で紹介していましたが、彼もイメージをすごく作れる人らしく、実際に彼がイメージを作ると、筋肉が動く時に使われる脳の一部が活性化するそうです。

イメージトレーニングというのはどういうことかというと、簡単です。
自分が滑っている時に自分の視野内に見えているものをイメージするのです。
ゴーグルを通して見ている風景すべてを。
そして、スタートからゴールまで、滑っている時のすべての風景と体の動きをイメージして見るのです。スピード感、風の音、スキーからの感触、ストックのグリップ、ポールの感触とか。

はじめは多分そんなに細かくイメージできなくて、CPUがついていかないと思います。
慣れてくると、すごく細部までイメージできるようになります。
そして、1分のコースなら1分でゴールできるようにもなります。

そしてこれもできるできないは、すべてトレーニングなのです。
より明確にイメージするためには、繰り返し繰り返しトレーニングするしかないのです。
トレーニングは量×質ですし、それは体力トレーニングにも技術トレーニングにもメンタルトレーニングにもいえるのです。

夏の間、海外に滑りに行くのもいいし、インラインスケートやるのもいいけど、毎日1時間、イメージトレーニングをはじめてみませんか?

夏のうちから始めておけば、冬に入ってからインスペクション後の滑りのイメージやスタート前のイメージがより明確に、鮮明に、五感を伴ったものになって、それがパフォーマンスをあげるのに役に立つこと間違いないです。

逆をいえば、イメージトレーニングをしないで「速く滑りたい」といわれても、想像力のない人にテクニックを教えても難しいし、時間ばかりがかかってしまいます。

みんなもイメージトレーニングに励んでくださいね~
by gakuhirasawa | 2012-07-29 15:35 | ski
<< 政策とか云々ではなくて 上手いの定義 >>



美味しいコーヒーの好きな元スキー選手のブログ。
by gakuhirasawa
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
仕事ってさ
at 2017-06-01 19:42
スキーのテクニックについて思..
at 2017-03-31 15:49
防災用としても・・・
at 2016-10-14 16:53
目指すところ・・・
at 2016-09-07 20:14
仕事の軸
at 2016-08-08 09:55
ブログパーツ
LINK
以前の記事
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism