心のトレーニング その1
さて、心のトレーニング方法を紹介しましょう

まず、理解して欲しいのは、トレーニングというからにはトレーニングです。
できれば毎日、「トレーニングするぞ」という気持ちを持って、時間を作りましょう。

そして、心「メンタル」を鍛える練習をステップbyステップでやっていきましょう。

まず、メンタルトレーニングとは、日々の生活とも、日々の考え方(哲学)とも直結しているものです。
要するに日々の考え方がスキーのパフォーマンスにも影響するのです。
f0053060_16194189.jpg


メンタルトレーニングで重要なキーワードになるのが「セルフイメージ」です。
セルフイメージとは日々の考え方次第で膨らんだり萎んだりするものです。
膨らんでいる時は、いい時で、萎んでいる時は調子の悪い時だと思ってください。

f0053060_16194223.jpg


図にある様に、通常は意識をするところからスタートします。
例えば、こう動かそう、ターンの時にこうしよう、こういう時はこういう風に考えよう、こうなったらこう対応しよう。
はじめはそういう風に考えて行くところからスタートします。

それが意識の部分

それの量×質次第で、下意識にいきます
そうするといちいち意識しなくてもできる様になるのです。

繰り返しやる事によって、考えなくてもできる様になるのです。
ここまでは皆さんも実体験として知っているのではないでしょうか。

しかし、前記した様に練習ではできるのに・・・・というのは、その本来下意識に入っているものを使えない、という状況で、それを左右するのが「セルフイメージ」なのです。

セルフイメージとは何かというと、簡単に書くと日々の考え方や哲学なのです。

セルフイメージが大きい(または膨らんでいる)ときは、いろいろと上手く行ったり、動きたい様に動けたり。
逆にセルフイメージが小さい時は上手く動けない、という事になります。
例えば、セルフイメージが小さいとき、緊張とかしてしまう理由として「失敗」を想像してしまって緊張したり、結果を想像してしまったり。未来に意識を持って行ったときや、過去の失敗を思い出して意識が過去に行ってしまったとき、そんなときはセルフイメージが小さいのです。
意識を未来や過去に飛ばすとセルフイメージがしぼむのです

ちょっと続きはまた次回。
行かなきゃ・・・


※もっと詳しくメンタルトレーニングを学びたい方は辻秀一先生の「スラムダンク勝利学」(集英社)を読みましょう!
by gakuhirasawa | 2011-09-29 16:18 | ski
<< 心のトレーニング その2 セル... 心技体 三つのエレメント >>



美味しいコーヒーの好きな元スキー選手のブログ。
by gakuhirasawa
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
仕事ってさ
at 2017-06-01 19:42
スキーのテクニックについて思..
at 2017-03-31 15:49
防災用としても・・・
at 2016-10-14 16:53
目指すところ・・・
at 2016-09-07 20:14
仕事の軸
at 2016-08-08 09:55
ブログパーツ
LINK
以前の記事
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism