スキーが上手くなる、ということの続き 身体能力を高めるトレーニング
今までのブログでスキーがうまいということ自体の定義みたいなことを書いたけど、簡単に書くと、

スキーがうまい

思う通りに滑れる

ということだと思う。
もちろんみんな知っていることだと思うけど、みんな口を揃えていうのです、それができないんだよ、って。
そりゃそうです
マトリックスの世界じゃないんだから、ダウンロードしてインストールしたら・・・とは現実世界じゃいかないのですね。

でも、実はマトリックスの世界にヒントがあると思っています。


ようは、キーワードは「神経系のトレーニングなのです。

要するに、思った通りに動ければ、あとはいかに正確に思えるか、イメージできるか、ということですよね。


思い通りに動くには、神経系を鍛えるしかないのです。

鍛えると言っても、神経ですから・・・
どうするか。

僕のイメージでは、神経ってのはビデオのケーブルだと思っています。
子供の頃はあまり繋がっていなくて、トレーニングによってつながっていくのです。
しかも初めはアナログで、だんだん光ファイバーに。

皆さんも、今までできなかった事がある日突然できるようになったり、感覚が「わかった」りしたことありませんか?
そう、ブレイクスルーと言われるやつです

それは、神経系が通った、開通したのです。

だから、簡単に書くと、直接的に技術のトレーニングをするよりも、神経系のトレーニングをして、神経系の配線を通してから技術のトレーニングをした方が、効率がいいのです。

マトリックスでできなかったことができるようになる、あの瞬間。

神経系を鍛える方法はたくさんあります。
コーディネーショントレーニングってやつですね。手と足をバラバラに動かしたり、リズムがバラバラだったり。
常にちょっと難しくて微妙にできない動きの練習をするのです。
ポイントは、その動きができるようになる前に次の新しい動きに挑戦して、常にできる一歩手前で次の「できない」動きをしようとすること。「しようとする」ことが重要なのです。できるようになることが目的ではないのです。

よくサッカーの選手がトレーニングに取り入れています。

そういうトレーニングを続けるうちに、だんだん神経が通って行って、配線がつながって、できなかった動きがいとも簡単にできるようになるのです。

その次のステップは、イメージトレーニングになるので、詳しくはまた書きますが、まずは神経の配線をつないで行くことが重要です

どうでしょう?雪上に出る前にやることはいっぱいあるでしょう?

ちなみに僕は運動神経が良くない方だったので、実際に自分で思うように動けるようになったのは22歳過ぎでした。

木村先輩のように、凄く器用な人も稀にいますが・・・

目指せマトリックスの世界!!!
by gakuhirasawa | 2011-09-06 18:52 | ski
<< 節目の時に思う事 8月もラストです >>



美味しいコーヒーの好きな元スキー選手のブログ。
by gakuhirasawa
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
仕事ってさ
at 2017-06-01 19:42
スキーのテクニックについて思..
at 2017-03-31 15:49
防災用としても・・・
at 2016-10-14 16:53
目指すところ・・・
at 2016-09-07 20:14
仕事の軸
at 2016-08-08 09:55
ブログパーツ
LINK
以前の記事
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism